鹿児島大学工学部電気電子

2014年度前期

「電気回路学I及び演習」eee logo

更新:2014.7.15, 18:30


前期授業開始に伴い,更新を再開します.

中間試験(6/3)は終了しました.

更新履歴



小テストの点数表

番号
0a
0b
01
02
03
04
05
06
07
08
09
合計
満点
0(5)
0(4)
8
5
4
4
5
5
5
5
0

※小テスト(その0a)と(その0b)は,評価に算入しません.


配付資料など(pdf 版)

web only:このマークが付いている資料は,講義では一部または全部を配付していない資料です.
必要に応じてダウンロードして印刷して下さい.

資料と小テストほか(準備中)

配付日
資料など
テスト
2014.4.15
シラバスシラバス追加分
小テスト0a小テスト0a-解答
ガイダンススライド
小テスト0b
2014.4.30
高校理科から大学の電気回路へ(その2)
小テスト01小テスト01-解答
2014.5.1
抵抗の接続
小テスト02小テスト02-解答
2014.5.13
n/a
小テスト03小テスト03-解答
2014.5.19
演習問題(資料0-6)解答例web only
n/a
2014.5.20
各種の回路素子解答例(資料1-5〜1-6)web only
小テスト04小テスト04-解答
2014.6.3
演習1問題演習1解答例web only
中間試験問題,中間試験解答例(準備中)
2014.6.17
正弦波交流
小テスト05小テスト05-解答
2014.6.24
複素数
n/a
2014.7.1
正弦波のフェーザ表示
小テスト06小テスト06-解答
演習問題解答例(資料3-6)解答例(資料3-12)web only
n/a
2014.7.8
インピーダンスとアドミタンス
小テスト07小テスト07-解答
演習問題解答例(資料3-16)web only
n/a
2014.7.15
交流の電力演習問題解答例(資料4-5〜4-6)web only
小テスト08小テスト08-解答
-
-
-

※上の表中の(資料XX-XX) は,資料のページ番号を表します.

過去の試験問題

過去の試験問題は,あくまでも学習の参考のために公開するもので,「これだけやっておけば大丈夫」,
「同じような傾向の問題が出る」という類いのものではありません.
※過去問のコピーが出回っている
ようですが,このページで公開していない分については,内容の正しさを保証しません.

実施日
内容
pdf
2013.8.8
期末試験2013(90分)
問題計算用紙,解答(準備中)web only document
2013.6.11
中間試験2013(45分)
問題解答web only document
2012.6.12
中間試験2012(45分)
問題解答web only document
-
-
-

質問に対する回答

回答掲載日 内容 pdf
2014.5.27 メールによる質問への回答 QA1web only document
2014.5.27 出席票による質問への回答 QA2web only document
2014.6.2 メールによる質問への回答 QA3web only document
2014.6.7 メールによる質問への回答 QA4web only document
2014.6.9 メールによる質問への回答(電気数学基礎) QA5web only document
- - -

ページの先頭へ


科目の案内

電気回路学は,電気に関する分野の基礎となる科目です.「電気回路学I及び演習」では,
主に電気回路学の基礎的な問題を扱います.

この講義の目標は,以下の知識とスキルを獲得することです.

科目名 開講期 必修/選択 単位数
電気回路学I及び演習

1年前期(2014年)

必修
対象学科

担当

電気電子工学科

田中

教科書など

「電気回路学I及び演習」の教科書

大野克郎,西哲生:「大学課程 電気回路(1)第3版」,オーム社.

電気回路(特に交流理論)は基礎中の基礎なので,今後,新しい内容が加わることはまずありません.よほどのことが無いかぎり,この本1冊で間に合うでしょう.

text

電気回路を学ぶために(参考書)

高木,猪原他:「大学1年生のための電気数学」,森北出版.(電気数学基礎の教科書)

mathcover

電気回路を学ぶために(参考書)

吉田 武:「新装版 オイラーの贈物」,東海大学出版会.

高校までの数学を整理し,大学の講義を学ぶために適した数学独習書.(A5版,文庫版を経て2度目の復活!)

mathcover

ページの先頭へ


このページについて

このページは,

講義時に配付した資料を電子化した形で提供

することを目的としています.電子版では,講義後に気づいた誤りなどを訂正してあります.

利用者としては,

「電気回路学I及び演習」の受講者を想定

していますが,受講者以外の利用を禁止するものではありません.自由に利用して下さい.

ページの先頭へ


作成:鹿児島大学・工学部・電気電子/田中哲郎