本文へスキップ

21世紀のエネルギーと高度情報通信社会を拓く鹿児島大学工学部電気電子工学科

学科概要COMPANY

 高度情報化社会の出現は,科学技術,産業,社会生活に大きな影響を与えています.これらを支える,要素基盤技術,システム技術.情報通信ネットワーク技術の開発には,電気電子系の有能な技術者,研究者が必要とされています.本学科では,このような時代の要請に応えるために,超電導技術など新素材の物性や新デバイスの開発に関する分野(電子物性デバイス工学),電気エネルギーの発生,貯蔵,変換,利用及び制御に関する分野(電気エネルギー工学),コンピュータ,情報通信システム.システムLSI設計技術に関する分野(通信システム工学)の3大講座を配置して教育研究を行い,斬新で魅力あるカリキュラムを提供しています.卒業後の進路としては,約半数が大学院へ進学し,就職希望者は大手電機メーカーをはじめとして,毎年ほぼ 100 % の就職率を達成しています.当然のことながら,大学院修了者も大手電機メーカーなどへ 100 % 就職しています.



沿革

1945(昭和20年)
鹿児島県立工業専門学校開校(電気科)
1949(昭和24年)
鹿児島県立大学工学部に昇格(電気工学科)
1955(昭和30年7月)
鹿児島大学工学部(国立へ移管)
1959(昭和34年)
下伊敷町校舎から鴨池町校舎へ移転
1967(昭和42年)
電子工学科設置
1968(昭和43年4月)
大学院工学研究科電気工学専攻修士課程設置
1969(昭和44年)
実験研究棟竣工
1971(昭和46年4月)
大学院工学研究科電子工学専攻修士課程設置
1992(平成 4年4月)
電気電子工学科に改組(大講座制へ移行)
1994(平成 6年4月)
大学院工学研究科博士後期課程設置
修士課程を博士前期課程電気電子工学専攻に再編
1998(平成 10年4月)
大学院理工学研究科に改称
2014(平成 26年7月)
電気電子工学科棟 改修竣工

学科のマークについて

左に示すマークは,1995年11月に学科内で公募し,投票で決めた学科のマークです.電気電子工学科の英語名,Department of Electrical and Electronics Engineering の頭文字 EEE をシンボル化したものです。

バナースペース

鹿児島大学
工学部 電気電子工学科
大学院 理工学研究科
  電気電子工学専攻

〒890-0065
 鹿児島市郡元1−21−40

TEL 099-285-8400
FAX 099-256-1356